初心者からはじめるiosアプリ開発

基本情報技術者試験合格までの勉強時間をまとめてみた

一応、IT系の会社に勤めているので、基本情報技術者試験でも受けてみようかと思っています。

ただ、どれくらいの時間を勉強すれば基本情報技術者試験に合格できるのかわからなかったので、ググってみました。

で、その結果をこの記事にまとめました。

基本情報技術者試験に必要な勉強時間まとめ

事前知識のない人なら150〜200時間程度。一日1〜2時間で、3ヶ月〜6ヶ月ほど。事前知識がある、もしくは集中して時間が取れる学生などであれば、最短1〜2週間でも合格できる。(後述するが、特にプログラミング言語の知識があるとかなり時間短縮になる)

基本情報技術者試験に合格した人の勉強法 – Something Beyond

私はこの記事でいう「事前知識のある人」に分類されると思います。

その理由は

  • ITパスポートの知識があること
  • プログラミングができること

こんな理由からです。

ただ、「事前知識のある人」の場合の具体的な勉強時間は書いていないので、勉強時間は事前知識のない人の最短時間の150時間を目安とします。
 

一般的に、基本情報技術者の試験のための勉強時間は、初学の状態から200-300時間と言われています。
しかし、社会人ともなると、一日3時間勉強時間を確保したとしても100日、結構長いですよね。
~中略~
この勉強方法だと、受験勉強もしくは業務を通してアルゴリズムの考え方が理解できていれば60時間、そうでなければ80時間と考えていただきたいと思います。

初学者が独学10日間で基本情報技術者に合格する勉強方法と参考書 – クオログ

アルゴリズムの知識がなくはないんですけど、胸を張ってあるとは言えません。。
なので、この記事から基本情報技術者試験合格までの時間を読み取ると80時間が必要という感じですね。
 

半年分の授業時間180時間と、50時間位は試験対策の勉強をしたので318に180と50を足して548時間の勉強で僕は合格出来ました。

【基本情報技術者試験】合格に必要な勉強時間は? | SE年収1000万までの道のり

548時間て。。 恐ろしく長い道のりですね。。
全く知識がない状態だったらこれくらいの時間がかかる可能性があるということかですね。。
 

総勉強時間としては、最低150時間。 私は時間が足りずヒヤヒヤしたので、できれば200時間以上あるといい。 しっかりと計画たてて勉強すれば、半年あれば文系でも確実に受かる試験。 がんばりましょう!

初学者が基本情報技術者試験に一発で合格する方法 – どこまでも自由な日々

200時間くらいという意見が多い気がする。
 

現役のSEであっても勉強時間は100時間必要です。不合格だった後輩が「単純に勉強時間が足りなかった」と言う話はよく聞きます。そのため、初学者であれば200時間程度は覚悟しておいた方が無難です。

現役SEが基本情報技術者試験のオススメ勉強法を解説 – 限界エンジニアの冒険録

こちらの記事も200時間を推奨されています。
 

勉強期間は約5か月、勉強時間は54時間10分。

午前対策の勉強時間は、5時間程度です。残りの50時間は、すべて午後対策の勉強時間です。午前試験の勉強が少なかった理由は、基本情報試験の半年前にITパスポートの勉強をしていたからです。

【基本情報技術者試験】合格体験記 | 資格からの視点

冒頭でも書きましたが、私もITパスポートの知識があります。

ITパスポートと基本情報技術者の午前問題は出題範囲がかなり被ってるっぽいですね。
ITパスポートの知識があれば55時間くらいの勉強時間で合格できる可能性があるということですね。

で、基本情報技術者試験合格までの勉強時間は何時間必要?

上記でまとめた勉強時間の平均を取ったら約200時間でした。

やはり一般的に言われているように基本情報技術者試験合格までの勉強時間の目安は200時間ということでしょう。

平成29年の春の試験日は4月16日(日)です。
明日の2月6日から始めるとして70日あります。

200時間を70日で割ると2.8571…..という微妙な数値が出ました。

基礎知識があることを考慮して1日2時間半勉強することにしました。


おすすめ記事 >>プログラミング中級者がTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講した感想

スポンサードリンク
Return Top